DeNAベイスターズ、まさかの逆転負け…采配に不満の横浜ファンからラミレス監督が叩かれる

「セCSファーストS・第1戦、DeNA7-8阪神」(5日、横浜スタジアム)

 DeNAが悪夢の大逆転負け。6点リードを守り切れず、崖っぷちに立たされた。

 試合後のラミレス監督は普段通り、淡々と試合を振り返った。「7-1で非常にいい展開だったが、バリオス、エスコバーで向こうに流れがいってしまった」。快勝ムードが一転したのは七回だ。2番手で投入したエース今永が2回無失点と好投していたが、6点リードの展開でバリオスにスイッチ。

 これが裏目だった。シーズンでは3試合の登板だったバリオスが高山の二塁打、木浪の適時打で1点を失うと、慌ててエスコバーに交代。だが、勢いのついた阪神打線を止められず、北條に3ランを被弾した。

 CSファーストSでは今永を救援起用する計画を立て、六回までは理想通りの展開だった。点差が開いたことでプランを変更したのか。指揮官は七回の投手の起用について「(プランを)変えたところはない。試合中の決断で後悔することはない。こういうことは起こりえる」と、言い切った。

 CSファイナルへ、崖っぷちに立たされた。「あした、しっかり準備して勝ちたい」。重すぎる一敗だが、チーム一丸で取り返すしかない。

試合動画





ネットの反応





関 連 記 事

おすすめの記事