【ネットの反応】史上最高の投手、”通算400勝”のレジェンド金田正一さん(86)が死去

プロ野球の国鉄、巨人で通算400勝を挙げた金田正一氏が死去したことが6日、分かった。86歳だった。巨人が発表した。

 金田氏は享栄商を中退し、1950年に国鉄入り。8月入団ながら速球と縦に落ちるカーブを武器に8勝、打者としても17歳2カ月で史上最年少本塁打を記録した。51年から14年連続で20勝以上をマークし、球界を代表する大投手に。対巨人、対長嶋茂雄に闘志を燃やし、58年4月5日の開幕戦(後楽園)では、デビュー戦の長嶋から4打席連続三振を奪った。

 巨人移籍5年目、通算400勝を達成した69年に現役を引退した。400勝、4490奪三振、298敗は史上最多。沢村賞には3度輝いた。

 引退後は73年から78年まで、90年と91年にロッテ監督を務め、74年にはリーグ優勝と日本一に導いた。88年に野球殿堂入り。ロッテ監督退任後は野球解説者、タレントとして活躍した。

現役時代の映像




ネットの反応





関 連 記 事

おすすめの記事