巨人が5年ぶりにセ王者に!優勝の瞬間の選手目線カメラが神動画とTwitterで話題に

 ◆DeNA2―3巨人=延長10回=(21日、横浜スタジアム)
 優勝へのマジック「2」の巨人は、DeNAとの直接対決を延長戦の末、逆転で制し、2014年以来5年ぶりのリーグ優勝を決めた。

【写真】Vの立役者、増田大はこんな選手

9回2死、小林が起死回生の同点打
 プロ初先発初登板の戸郷は3回2死二塁で乙坂に2ランを浴びて先取点を許したが、4回2/3を2失点と粘りの投球。その後、投手陣はDeNAに追加点を許さなかった。G打線は7回に捕逸で1点を返すと、9回2死一、二塁で小林が起死回生の同点右前適時打を放った。そして延長10回に2死一、三塁で増田大が決勝の中前適時打を打った。

 2002、03年に指揮を執った原辰徳監督(61)は06年に復帰。2度の3連覇を果たすなど、黄金期を築き上げた。15年限りで退くと、16年からは高橋由伸監督にバトンタッチ。3年間で頂点に立つことは出来なかったが、菅野、岡本らをチームの中心に育て上げ、今季から再び指揮官に戻った原監督が、5年ぶりへの優勝へと導いた。原監督自身にとっては8度目のリーグ制覇となった。

話題の動画




ネットの反応






関 連 記 事

おすすめの記事