【MLB】急死したエンゼルスのスカッグス、禁止薬物の依存状態だった…ネット「同情の余地なし」

 

7月に遠征先で急死し、体内から医療用麻薬オピオイドとアルコールが検出されたエンゼルスのタイラー・スカッグス投手(享年27)が長期にわたって禁止薬物を常用していたと12日(日本時間13日)、米スポーツ専門局ESPN(電子版)が伝えた。

 同サイトが調査に精通した2人の話として伝えたところによると、球団広報部長のエリック・ケイ氏が米麻薬取締局の調査に対し、自身が同投手に禁止薬物のオキシコドンを提供し、同投手は数年にわたり依存状態にあったと証言。さらに同投手のほかに過去にエンゼルスに所属した5人の選手が鎮痛薬を服用していたと話したという。

 同投手は7月1日に遠征先のテキサス州サウスレイク市内にあるチーム宿舎の一室で死亡した状態で発見。8月末に公表された死因は吐しゃ物を気管に詰まらせての窒息死で、体内からは医療用麻薬オピオイドの成分であるオキシコドンとフェンタニル、さらにアルコールが検出されたことも明らかにされた。

 ケイ氏はチームがテキサス遠征に出る前日か2日前に自身が不法入手したオキシコドンの錠剤6粒のうち3粒を同投手に手渡したと話す一方で、同投手は受け取った薬物をすぐに摂取していたことから、死亡後に検出された薬物は自分が提供したものではないと思うと証言。また、同投手は遠征に出た後、同氏にもっとオキシコドンが必要としているというメッセージを送ってきたとも話しているという。

 ケイ氏の弁護士は、同氏が9月にダラスとロサンゼルスの調査員に証言したことを認めているという。

 同投手の遺族はすでに弁護士を立て球団内に薬物を提供した者がいるとして球団相手に訴えることを明らかにしている。

オキシコドン(英: oxycodone)とは
オピオイド系の鎮痛剤のひとつで、アヘンに含まれるアルカロイドのテバインから合成される半合成麻薬。 商品名オキシコンチンなどがある。1996年のWHO方式がん疼痛治療法においては、3段階中の3段階目で用いられる強オピオイドである。

出展:Wikipedia

ネットの反応

怪我をする→鎮痛剤が必要→オピオイドに依存するっていう流れなんだろうか。
鎮痛剤といっても種類はあると思うんだけどね。
お酒と薬は気を付けないと、風邪薬だったかお酒と一緒に飲んだら手が痺れた事があった。
怪我や手術後の鎮痛剤として提供されて常用中に中毒になってしまったなら本人が自覚あっても依存症でどうしようもなかったんだろう。エ軍の他の選手も服用とあるし選手としては契約上、球団の早期復帰のための医療方針やリハビリ方針に従うしかない部分もあるだろうし。
突然死だから薬物が原因かもと思ってましたが。
ブルース リーもやはり薬物だったのかなぁ?
筋肉が凄すぎた。
このオピオイドって言うのは今、アメリカでも社会問題化しているらしいね。毎年、この薬で結構な死亡例が報告されているんだとか。つまりスキャッグスが麻薬中毒になっていたという事だ。MLBでも禁止はされているけど実際は検査の対象にはなっていないらしい。
亡くなっているだけにあまり聞きたくない話しではあるけどMLBとしても薬の問題は有耶無耶には出来ないでしょうね。
禁止薬物と分かってて常用していたんだったら本人も悪いっしょ。
典型的な薬物依存だね。
これは残念だなあ。
本当に薬物は怖いね…
スポーツ選手のプレッシャーは尋常ではないと思います。だからこそ、薬ではなく、カウンセラー等の精神的な面からサポートする機関が必要かなと思います。スポーツの世界に限らず、と思います。
まぁ薬物関連だろうなとは思っていたけど、内部に提供者が居たのか……………
今後さらに明らかになっていくだろうな
買った方が売った方を訴えるのもなぁ。
買う奴がいなきゃ、売買成立しない。チケット転売なんかと一緒。球団訴えるのはもっと違うんとちゃう?




何か違う気がするが、、、薬物中毒者が被害ヅラとは訴訟大国。
球団内や他の球団にも常用してる奴いそう。
将来のエースだつたのに、残念だね。
こりゃMBLは想像以上に薬物が蔓延しとるな。

大谷選手には渡してないでしょうね。。

オピオイドの問題は広いな。一般人からアスリートまで。アメリカでは家に入った泥棒がまず薬箱を開けるとか
な~んだ、薬物かあ。全然違う死因みたいな感心に放送してたからさ。
自業自得だね、たしかに。
選手が痛み止めはまだ分かる。この渡した球団スタッフも中毒者らしい。腐ったミカンが1人でもいるとその組織は腐る
やっぱり。自業自得としか。エ軍も不幸だな。
こらは同情の余地なし

関 連 記 事

おすすめの記事