【WBC 2023】ワールドベースボールクラッシックの大会情報や過去の優勝国は?

【WBC 2023】ワールドベースボールクラッシックの大会情報や過去の優勝国は?

WBC 2023に向けて、栗山英樹監督率いる侍ジャパンの強化試合が開催されましたね!日本ハムや巨人、オーストラリアを相手にWBC公式球を使用したり、「タイブブレイク制」の練習も行ったりと本番へ向けて、抜かりなく準備を進めているようです。

そこで、今回の記事ではブックメーカー 野球でも盛り上がること間違いなしの「WBC 2023」の大会情報や過去の優勝国を振り返っていきたいと思います!

WBC 2023の大会情報

  • 大会名称:2023 WORLD BASEBALL CLASSIC
  • 開催期間:2023年3月8日(水)~3月21日(火)
  • 開催地:アメリカ・日本・台湾

ワールド・ベースボール・クラシック(略称:WBC)は、MLB機構とMLB選手会によって立ち上げられた野球の世界一決定戦です。2006年に第1回大会が開催され、今回は第5回大会となります。本来であれば、2020年に開催予定でしたがコロナ禍のため延期され、ついに開催される運びとなりました。

大会は参加20ヵ国が4プールに分かれて1次ラウンドで総当たり戦を行い、各プールの上位2チームが2次ラウンドへ。2次ラウンドでも総当たり戦の上位2チームが、準決勝へ駒を進めます。

1次ラウンド

  • プールA:台湾・オランダ・キューバ・イタリア・パナマ
  • プールB:日本・韓国・オーストラリア・中国・チェコ
  • プールC:アメリカ・メキシコ・コロンビア・カナダ・イギリス
  • プールD:プエルトリコ・ベネズエラ・ドミニカ共和国・イスラエル・ニカラグア

会場はプールAが台湾(台中インターコンチネンタル野球場)、プールBが日本(東京ドーム)、プールC・Dがアメリカ(チェイス・フィールド/ローンデポ・パーク)となっています。

2次ラウンド

  • 2次ラウンド①:プールA・Bの上位2チームずつ
  • 2次ラウンド②:プールC・Dの上位2チームずつ

会場は2次ラウンド①が日本、2次ラウンド②がアメリカ(ローンデポ・パーク)です。

決勝ラウンド

  • 準決勝①:2次ラウンド①の1位 VS 2次ラウンド②の2位
  • 準決勝②:2次ラウンド②の1位 VS 2次ラウンド①の2位
  • 決勝:準決勝①の勝者 VS 準決勝②の勝者

決勝ラウンドは、すべてアメリカのローンデポ・パークにて開催されます。

WBCの過去の優勝国はどこ?

ここからは、WBCの過去優勝国とベスト4までをリストにして見ていきましょう。

優勝 準優勝 ベスト4 ベスト4
第1回大会(2006年) 日本 キューバ 韓国 ドミニカ共和国
第2回大会(2009年) 日本 韓国 アメリカ ベネズエラ
第3回大会(2013年) ドミニカ共和国 プエルトリコ オランダ 日本
第4回大会(2017年) アメリカ プエルトリコ 日本 オランダ

侍ジャパンは第2回大会まで世界一を連覇していますが、その後の2大会はいずれも準決勝で敗退しています。昨年の東京五輪では金メダルを獲得している侍ジャパンですが、WBCでは14年ぶりの世界一奪還を目指します!

最後に

11月の強化試合では、若手メンバーを中心に招集した栗山英樹 侍ジャパン 監督。本大会に向けて、選手選考も大詰めを迎えているでしょうね!栗山監督とは関係の深い、大谷翔平選手の出場はあるのか、そして世界一奪還は果たせるのか、3月までしっかりと侍ジャパンを見守っていきましょう!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me