コスパがいい席は?現地で何を買えばいい?初めての野球観戦完全ガイド

球場での野球観戦に興味があったり、友人に誘われて行くことになった人など、野球観戦 初めての球場はなにかと心配になりますよね。

特に野球観戦をする席はどこを取ればいいのか分からない人も多いかもしれません。

そこで今回はおすすめの観戦席や、マナーや注意点など野球観戦 初めてでも安心できるように解説していきます。

席はどこがおすすめ?コスパがいい席とは?

初めてなら内野席がおすすめ

内野席では、基本的に座って試合を観戦します。

外野席のように立ち上がって激しい応援などはなく、ゆっくりと球場飯を楽しんだり、一緒に行った人と会話しながら試合を観戦する事が出来ます。

価格は外野席よりも少し高めに設定されていますが、初めての野球観戦は内野席がおすすめです。

コスパが良いのは外野席

外野席は最も価格が安い席となります。

この席には応援団がおり、応援するチームの攻撃時には応援団と一緒に掛け声をするなど、他のファンと一緒に盛り上がることができます。

応援するチームのユニフォームの着用率も高く、立ち上がって応援する人も多いため、ゆっくりと試合を観戦したい人にはおすすめできません。

しかしチケットの価格が安いため、何度でも球場に行って試合を見たい人は外野席にするといいでしょう。

選手を間近で見るならバックネット裏席

試合を近くで楽しみたい人にはバックネット裏席がおすすめです。

投手の投げるボールの速さや、打った時の打球音などを肌で感じることのできる特等席です。

チケット代は内野席の2倍ほどの高額ですが、座席も広めに設計されており、デートで野球観戦をするのであればバックネット裏がおすすめです。

一塁側と三塁側を確認しよう

野球観戦 初めて球場に行く場合は、一塁側(ライト側)か三塁側(レフト側)かを気をつけなければなりません。

プロ野球において基本的には、一塁側がホームチーム、三塁側がビジターチームとなります。

例として、巨人対阪神の試合が東京ドームで行われる場合、東京ドームは巨人の本拠地なので一塁側のベンチを使用します。

反対に阪神は三塁側のベンチを使用するため、阪神ファンは三塁側の座席に座ることとなります。

応援しているチームの反対側の座席に座ってしまうと、周りが敵チームのファンだらけになってしまうため肩身の狭い思いをしてしまいます。

例外として、西武ライオンズ・楽天イーグルス・日本ハムファイターズの本拠地では、ホームチームが三塁側を使用するので注意が必要です。

球場でのマナーと注意点とは?

野球観戦 初めての場合、気をつけたいマナーと注意点をご紹介します。

持ち込みは気を付けよう

球場では、観戦しながらお酒や飲み物を楽しむ事が可能です。

しかし持ち込みには一部制限があり、ガラス瓶や缶などの持ち込みは禁止されている場合が多いです。

また球場によっては、食べ物の持ち込みも制限している場合もあるため、事前に持ち込めるものを確認しておく必要があります。

雨でも傘はささない

球場では雨が降っても傘をさしてはいけません。

他の観戦者の邪魔になってしまうため、雨具を使うことをおすすめします。

また、観戦席によっては屋根がある場合もあるため、チケット購入時に確認しましょう。

ボールの行方に気を付けよう

観戦中はホームランやファウルボールなど、観客席にボールが飛んでくる可能性があります。

当たって怪我をしてしまわないように、常にボールの行方には注意する必要があります。

また、プレイ中は飛んできたボールを選手に投げ返す行為も絶対に止めましょう。

球場ではいろいろなものが販売されている

球場では様々なものが販売されており、試合が始まる前に買っておきたい物をご紹介します。

球場飯

球場では食べる物も売られています。

各球団、趣向を凝らした球場飯が販売されており、このご飯を目的に球場へ行く人もいます。

内野席やバックネット裏席でゆっくりと試合を楽しみたい人は、ぜひ球場飯を片手に観戦してください。

応援グッズ

応援しているチームや、選手のグッズも販売されています。

ユニフォームはもちろん、タオルやメガホンなど様々なファングッズがありますが、最初に購入をおすすめするグッズは「タオル」と「うちわ」です。

タオルは応援の定番グッズで、汗をかいた時にも使えるため実用的です。

うちわは夏場の試合観戦はかなり暑くなり、長時間の試合となるため、購入しておくとかなり便利です。

まとめ

ますます盛り上がりを見せるプロ野球。

これから始まる日本シリーズを、いつもはテレビで見ている人も、実際に球場へ赴いて生の試合を観戦したいと思っている方も多いでしょう。

野球観戦 初めて球場に行くのは、不安な事もありますが、しっかりと下調べをしてコスパよくスムーズにチケットを購入し、白熱した生の試合を楽しみましょう。

投稿者 gradmin